関屋記念 データ分析

傾向分析

今週末の重賞、関屋記念の過去10年データ分析を行いたいと思います

枠番傾向

レース一覧・全着順一覧

レース一覧・全着順一覧  枠番別集計

枠番 着別度数 勝率複勝率単回値複回値単適回値平均着
1枠 1- 0- 0-14/156.7%6.7%5215137.99.7着
2枠 1- 1- 1-13/166.3%18.8%756292.19.1着
3枠 0- 0- 2-14/160.0%12.5%0290.08.6着
4枠 0- 1- 1-14/160.0%12.5%0330.07.7着
5枠 0- 1- 3-14/180.0%22.2%0650.07.6着
6枠 0- 2- 0-16/180.0%11.1%0360.08.7着
7枠 4- 1- 1-16/2218.2%27.3%9179228.49.3着
8枠 3- 3- 1-16/2313.0%30.4%11093159.38.7着
集計期間:2010. 8. 8 ~ 2019. 8.11

外枠のほうが頭数が多くなるのが普通なので、その点に注意が必要ですが
それを差し引いても外枠有利の傾向がでています
内が荒れてくる時期にやっているというのも関係しているのかと思います

馬体重

レース一覧・全着順一覧

レース一覧・全着順一覧  馬体重別集計

馬体重 着別度数 勝率複勝率単回値複回値単適回値平均着
420~439kg 1- 0- 1- 5/ 714.3%28.6%407195.78.7着
440~459kg 0- 1- 2- 15/ 180.0%16.7%0470.09.6着
460~479kg 1- 2- 1- 23/ 273.7%14.8%544552.88.6着
480~499kg 2- 4- 2- 44/ 523.8%15.4%164350.78.8着
500~519kg 1- 1- 1- 20/ 234.3%13.0%402962.39.4着
520~539kg 2- 1- 1- 9/ 1315.4%30.8%140104204.16.8着
540~ 2- 0- 1- 1/ 450.0%75.0%290267413.94.5着
集計期間:2010. 8. 8 ~ 2019. 8.11

新馬戦やダートなどで少し気にするくらいで、普段気にすることは無いのですが
馬体重別の成績を出してみました
馬体重が重いほうが良い傾向がでています

脚質

レース一覧・全着順一覧

レース一覧・全着順一覧  脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率複勝率単回値複回値単適回値平均着
平地・逃げ 3- 0- 1- 5/ 933.3%44.4%348158501.19.1着
平地・先行 3- 3- 3- 23/ 329.4%28.1%628998.68.2着
平地・中団 2- 1- 4- 56/ 633.2%11.1%163449.08.8着
平地・後方 1- 5- 1- 33/ 402.5%17.5%93727.88.7着
集計期間:2010. 8. 8 ~ 2019. 8.11

これは意外でした。
先行・差しが有利だと思ってましたが、逃げ馬が一番好成績になっています

上がり3F

レース一覧・全着順一覧

レース一覧・全着順一覧  脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率複勝率単回値複回値単適回値平均着
3F 1位 0- 4- 1- 5/ 100.0%50.0%01120.04.3着
3F 2位 2- 1- 2- 5/ 1020.0%50.0%79109156.65.8着
3F 3位 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%0330.06.0着
3F ~5位 2- 1- 2- 16/ 219.5%23.8%5881123.86.3着
3F 6位~ 5- 2- 4- 82/ 935.4%11.8%484081.110.1着
集計期間:2010. 8. 8 ~ 2019. 8.11

これは予想通り
やはり上がり3Fが速い馬が来る可能性が高い結果になっています
そりゃそうですよね
ただ6位以下でもそこそこ来ています。逃げ馬の成績が良いことと関係しているかも
知れないです
ということで、関屋記念の逃げ馬の成績を出してみました

レース一覧・全着順一覧/脚質上り:平地・逃げ

レース一覧・全着順一覧/脚質上り:平地・逃げ

日付馬場状態枠番馬番着順馬名S上り3F馬体重種牡馬母父馬
1908111117マイネルアウラート38.0470ステイゴールドトウカイテイオー
18081234エイシンティンクル34.6500ディープインパクトStorm Cat
17081323マルターズアポジー34.3528ゴスホークケンOld Trieste
16081451012レッドアリオン35.5478アグネスタキオンダンシングブレーヴ
150816812レッドアリオン33.3480アグネスタキオンダンシングブレーヴ
130811715ナンシーシャイン 426ブラックタキシードトウシヨウボーイ
12081251017レッツゴーキリシマ34.2482メジロライアンバイアモン
1108073312マイネルファルケ37.1522ムタファーウエクパークリージエント
100808816レッツゴーキリシマ33.2476メジロライアンバイアモン
集計期間:2010. 8. 8 ~ 2019. 8.11

逃げて来ている馬は、全馬上がりも速いですねw
基本的に上がりが速い馬を狙うべきってことなんだと思います

種牡馬

レース一覧・全着順一覧

レース一覧・全着順一覧  種牡馬別集計

種牡馬 着別度数 勝率複勝率単回値複回値単適回値平均着
ディープインパクト 3- 1- 1-14/1915.8%26.3%5653130.76.0着
アグネスタキオン 2- 0- 1- 2/ 540.0%60.0%282174401.06.6着
スニッツェル 1- 0- 1- 3/ 520.0%40.0%122176300.35.6着
タイキシャトル 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%15646642.87.6着
メジロライアン 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%7302451154.29.0着
ゴスホークケン 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%12105001210.01.0着
キングカメハメハ 0- 2- 1- 6/ 90.0%33.3%01050.07.8着
ステイゴールド 0- 2- 1- 6/ 90.0%33.3%0880.09.6着
ハーツクライ 0- 2- 1- 3/ 60.0%50.0%01110.08.2着
タニノギムレット 0- 1- 1- 5/ 70.0%28.6%0800.05.1着
デュランダル 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%0280.011.0着
集計期間:2010. 8. 8 ~ 2019. 8.11
ソート:着別度数順

やはりサンデー系の馬が強いってことなんだと思いますが
TAGETの分類でニアークティック系が3頭入ってますね。
参考までに御覧ください

母父馬

レース一覧・全着順一覧

レース一覧・全着順一覧  母父馬別集計

母父馬 着別度数 勝率複勝率単回値複回値単適回値平均着
Storm Cat 1- 0- 2- 3/ 616.7%50.0%130138116.95.2着
サンデーサイレンス 1- 0- 1-16/185.6%11.1%334895.28.7着
Bertolini 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%14075155.62.5着
バイアモン 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%7302451154.29.0着
デインヒル 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%470155694.68.5着
ダンシングブレーヴ 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%235105417.06.5着
ホワイトマズル 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%380170380.01.0着
Old Trieste 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%12105001210.01.0着
Fastnet Rock 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%410180410.01.0着
集計期間:2010. 8. 8 ~ 2019. 8.11
ソート:着別度数順

ここでもTAGETの分類でニアークティック系が母父にいると良いという傾向がでています

前走レース

レース一覧・全着順一覧

レース一覧・全着順一覧  前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率複勝率単回値複回値単適回値平均着
中京記念HG3 1- 5- 1-34/412.4%17.1%114834.18.9着
NHKマG1 1- 0- 1- 2/ 425.0%50.0%102212187.77.8着
安田記念G1 1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%462597.76.5着
パラダイ 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%15646184.76.0着
七夕賞HG3 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%302125364.910.8着
多摩川H1600 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%305105248.76.5着
マイルチG1 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%19085332.58.5着
福島記念HG3 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%14604901460.01.0着
飛鳥S1600 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%940310940.01.0着
エプソムG3 0- 2- 1- 9/120.0%25.0%0470.07.5着
鳴尾記念G3 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%03600.02.0着
ストーH1600 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%01700.02.0着
ヴィクトG1 0- 0- 1- 3/ 40.0%25.0%0420.06.0着
NST賞 0- 0- 1- 2/ 30.0%33.3%01230.08.0着
集計期間:2010. 8. 8 ~ 2019. 8.11
ソート:着別度数順

中京記念組が多いですが複勝率・回収率ともに良く有りません
出走頭数が多いので下がるのは当然なのですが、それを差し引いても
それほど路線にこだわる必要はなさそうです

まとめ

外枠のほうが良い
脚質は前に行けたほうが好成績
上がりが速いほうが良い
馬体重は重いほうが良い
ニアークティック系が好相性
前走レースに拘る必要はない

データから見る該当馬

前に行けるだけが該当しないのですが、データからは
プリモシーン
を推奨しておきます
外枠入ったらなおよし

コメント

タイトルとURLをコピーしました